食生活の選択により、わきが体質について

毎日、美味しい食事を摂れるということは、幸せなことです。ですが食事は、わきが体質の人にとって、大きな影響力があるのをご存知でしたか。
食生活そして、食べるものにより、わきが体質は、悪くもなり良くもなってくるのです。

 

わきがとは

わきがは、腋臭症とも呼ばれ、アポクリン腺のから分泌される成分が、過剰に出ることにより起きる、強い刺激臭のことです。
人間の体にある汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺があります。エクリン線から出る汗というのは、ほとんどが水分で出来ていて、ニオイなどもありません。
ですが、もうひとつであるアポクリン線から出る汗には、水分のほかに、ニオイの原因となる物質が含まれています。ニオイの原因となる物質というのは、脂質であったり、タンパク質であったり、アンモニアであったりします。
この物質は、私達人間が毎日摂る食事により、増えたり減ったりするのです。

 

わきが体質の人の食生活

わきが体質の人は、脂っこい食事やアルコール類、ニオイの強い食事を好んで摂っていることが多いです。脂っこい食事の代表ともいえる唐揚げ。
カラっと揚がった鶏肉に含まれる油もワキガのニオイを生む原因になります。ジューシーなお肉で作るステーキやハンバーグにも多くの脂が含まれています。
仕事終わりに毎日飲んでいるビールやサワーなどのお酒にも、わきがの原因になる物質が含まれています。そして、香ばしいニンニク料理や香辛料をたっぷり使ったカレーなどは、体の内部に入っても強いニオイを発し続けています。
つまり、人間の体臭を生み出したり、わきがの原因を作り出しているのは、食事なのです。
もちろん、食事だけではなく、遺伝や体にあるアポクリン線の数により、わきがのニオイは変わってきますが、食生活が大きな影響を与えていることは、間違いありません。
アポクリン線から出るワキガのニオイには、それらの物質がダイレクトに現れてしまうのです。

 

わきがのニオイを抑えるための食生活

食生活の改善により、体から発されるわきがのニオイが抑えられたり、改善していくことは明らかなので、ぜひ試してみましょう。
肉や油を多く使った脂っこい食事は、主に欧米文化の食事です。日本人が生み出した和食には、ほとんど脂などは含まれておらず、強いニオイを発する食材や香辛料などもほとんど使っていません。
つまり、食生活を和食中心のものに変えることにより、アポクリン線から出る分泌物に変化がおきます。
わきがの原因となる物質を、自分自身でコントロールしていくことは大切なことですから、欧米文化の食事をたまには和食に変えてみるなど、努力をしてみましょう。